コンプライアンス態勢について

滋賀県信用保証協会は社会的使命と公共性に鑑み、コンプライアンス(法令遵守等)の徹底を図り、将来にわたって協会業務のより一層の信頼確保に努めます。

基本姿勢

(1)真に必要とされる信用保証の推進

中小企業基本法の基本理念のもと、事業の維持創造発展に努める中小企業者に対して真に必要とされる信用保証を通じ、金融の円滑化に努め、地域の産業振興と経済の発展に寄与します。

(2)透明かつ効率的業務運営の確保

わが国の経済活動を常に見極め、さらに金融情勢を分析し、経営内容を可能な限り開示する姿勢で協会の秩序ある活動を維持し、透明かつ効率的な業務運営に努めます。

(3)法令の遵守

執務指針として定める「公平・懇切・正確・迅速」を旨とし、信用保証協会法をはじめ各種関係法令を役職員一人ひとりが厳格に遵守することを自覚し、事業の健全運営に努めます。

(4)反社会的勢力との対決

社会的に批判を受ける反社会的勢力に対しては断固として排除します。

(5)地域社会への貢献

社会規範のもと、広く地域住民とのコミュニケーションを図りながら地域社会への貢献に努めます。

コンプライアンス組織体制図

 

 [syu]compliance

コンプライアンスに違反する行為を未然に防止し、コンプライアンスの着実な実践を確保するために、コンプライアンス委員会、統括部署及びコンプライアンス担当者を設置しています。

なお、外部に報告相談窓口として弁護士窓口を設けています。

 

 

 


ページトップ