SDGsアクションプラン2020

滋賀県信用保証協会はSDGs未来都市、滋賀県の一員として令和2年度、持続可能な社会の実現に向けて次の取り組みをします
経済課題への取り組み
中小企業の持続可能な経営に寄与する信用保証
SDGs保証を推進し、中小企業経営へのSDGsの普及と企業価値の向上を応援します。
経営者保証ガイドラインを活用し、中小企業経営者の思い切った事業展開やイノベーションを後押しします。
地域経済活性化に向けた経営支援
経営基盤の脆弱な創業者を包摂性をもって支援し、地域経済の新たな担い手を送り出します。
持続可能な中小企業経営につながる経営改善・再生支援、また事業承継や事業引継ぎ支援を強化します。
関係機関とのパートナーシップ
金融機関や中小企業支援機関、地方自治体とのパートナーシップを深め、滋賀県経済の振興発展に貢献します。
社会課題への取り組み
包摂性と強靭性を両立した協会経営
専門外部研修の実施や管理職への登用を通じて、女性のエンパワーメントを推進します。
ウェブアクセシビリティを高め、高齢者や障がいのある方にもアクセスしやすいHPを構築します。
BCPの強化、災害を想定した訓練を重ね、大規模な災害が発生した時にも機能するレジリエントな組織にします。
環境課題への取り組み
循環共生型社会への貢献
グリーンボンドにとどまらない各種SDGs債を購入し、課題解決に向けた取り組みに新たに投資します。
琵琶湖の自然を良好な状態で未来へ引き継ぐための環境保全活動をより積極的に取り組みます。
脱炭素社会実現に向けた省エネ設備を導入し、人や社会にやさしいエシカル消費を実践します。
令和2年4月1日策定

 


ページトップ