申込方法・ご用意いただくもの

信用保証手続の流れ

1.融資および保証申込

中小企業者は、金融機関で融資の申込と同時に信用保証の申込手続を行います。
保証の申込書一式については、金融機関にてご用意しています。
また、以下の申込書をご利用して頂いても結構ですが、申込金融機関を通してお申込み下さい。

信用保証委託申込書保証申込時に必要な書類についてはこちら

2.保証依頼

金融機関は融資が適当と判断した場合、信用保証協会に保証依頼を行います。

3.審査

信用保証協会は、企業の事業内容や経営計画などについて審査します。
経営者の人的信用、企業の将来性や発展性、資金の必要性、財務内容、返済能力等について調査を行います。

4.保証承諾

信用保証協会は保証の諾否を決定し、保証を承諾した場合、金融機関へ「信用保証書」を発行します。

5.融資

金融機関は「信用保証書」に基づき、融資を行います。

  • ※中小企業の方は、信用保証協会へ所定の信用保証料をお支払いただきます。

6.返済

中小企業の方は、融資条件にしたがって借入金を金融機関へ返済します。

7.代位弁済

万一、何らかの事情で中小企業の方が借入金を返済できなくなった場合は、信用保証協会が金融機関に借入金を返済します。

8.返済

その後、中小企業の方とご相談しながら信用保証協会に返済していただきます。

ご注意

信用保証協会は、信用保証を行うにあたって所定の信用保証料以外(例えば手数料、調査料、相談料、用紙代など)は一切いただきません。
斡旋料、仲介手数料等を要求するいわゆる金融斡旋屋にご注意ください。信用保証協会では金融斡旋屋等の第三者が介在・介入する保証申込は一切取扱い致しません。


ページトップ